ほくろに貼るシールの候補


「家庭用脱毛器でもほくろにはシール貼らなきゃダメなの…?」


脱毛サロンやクリニックでは、火傷防止のためにほくろには必ずシールを貼って照射します。
一方の家庭用脱毛器は出力の高い業務用とは違うので、ほくろにシールを貼るべきなのかどうか疑問に思っている方も多いかもしれません。


結論からいえば、家庭用脱毛器でもほくろにシールは必須です。


理由は同じく、火傷の危険性を避けるためです。
とはいっても、家庭用脱毛器を買ってもほくろの保護シールなんて付いてきません。
面倒でも自分で用意するしかありませんが、そもそもほくろに貼るシールって何なんでしょうか?


家庭用脱毛器を購入したら、実際に使い始める前に面倒でも用意しておきたいアイテムのひとつが、ホクロの保護シールです。
でも、それがどんなものなのかいまいちピンとこなくないですか?
そこでここでは、ホクロの保護シールについてご紹介したいと思います。

まず、ホクロの保護を目的とした専用のシールなんてものも販売されてはいますが、市販のシール類でも代用はできます。
候補は以下の4つ。


  1. 100均で売ってる丸シール
  2. マイタックの丸シール
  3. テーピング
  4. 絆創膏



100均の文具コーナーでも丸シールは買えるので、一度チェックしてみてください。
あとメジャーなのは、マイタックの丸シールです。
マイタックとは、ニチバン株式会社から販売されているラベルの商品名です。

テーピングは元々体に貼って使うものなので、サイズ調整の融通が利くうえに剥がれにくく、使い勝手の面では申し分ありません。ただし、値段は高めなのでコスパを考えると微妙です。
スポーツ用品店で売っています。

絆創膏くらいどこのご家庭でも買い置きがあると思うので、使おうと思えば使えないことはありません。
ただ、ホクロの保護シールに使うにはどうかと…。
ケガをしたときのために取っておきましょう。


この中で私がおすすめするのは、丸シールです。
それも、100均ではなくマイタックの丸シール(白)です。

理由は、色とコスパです。
ホクロの保護シールに使う色は白がおすすめな理由は、家庭用脱毛器にやけどの危険性がある理由と大きな関係があります。
そして、マイタックの丸シールなら一袋に一色しか入っていないので、全部使い切れます。一方の100均の丸シールは数色入っているケースが多いので、ほくろの保護に適さない色は余ってしまいます。

しかも、マイタックはサイズも豊富なので、大きすぎず小さすぎない丸シールを選べます。
ほくろが多い人や密集している場合、サイズが大きいシールだと肌が隠れてしまいかねません。
適度なサイズのシールを貼ることで必要最低限の範囲の保護に留められるので、家庭用脱毛器での照射面積を確保できます。
ちなみにマイタックの丸シールは、通販でもお近くの文房具店や雑貨店などでも購入できます。